<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ゴールデンシュリンプ水槽 新たに立ち上げ


f0152308_2010114.jpg

ゴールデンシュリンプです。

レッドチェリーシュリンプ水槽 同様にプラナリアが湧いていたので
新たにゴールデンシュリンプ水槽を立ち上げました。

f0152308_2012582.jpg

新・ゴールデンシュリンプ水槽です。
こちらの水槽も51cm水槽→60cm水槽へサイズアップしました。

f0152308_2014225.jpg

水槽一面がこんな状態ではありませんが
群れているところを撮影してみました。

f0152308_20141451.jpg

すでに200匹程 存在し 孵化水槽(第2水槽)のゴールデンを加えると
300匹以上になるかもです。

前回の記事でレッドチェリーは夏場の飼育・繁殖に失敗した旨を
書きましたが、ゴールデンは逆に倍増していました。

今夏、親10匹程度+1cm未満の稚エビ70~80匹を
屋外発泡容器に投入し夏越えをさせたのですが
1ヶ月半後の8月下旬には稚エビは順調に成長を遂げており、
又、新たに多くの稚エビが孵化していました。

ゴールデンの繁殖結果を見る限り、
レッドチェリーの夏越え失敗は飼育環境が原因ではなく
やはり過密飼育が原因だと改めて感じました。

しかも 室内水槽に戻してからもレッドチェリーとの違いは
こんなところにも出ています。

f0152308_20144931.jpg

レッドチェリーはほとんど抱卵個体を見かけないのですが
ゴールデンは次から次へと抱卵個体が出現するのです。

孵化水槽(第2水槽)を立ち上げてからは抱卵個体を見つけ次第
移動させたのですが、すでに稚エビで過密状態なので今は放置状態。
メダカと違って親が子を食することはないので増える一方ですが
今後は移動することなく新水槽で孵化させてもらいます。
このまま孵化し続けるとすぐに数百匹単位になってしまいそうです。
4桁を目指してみようかなぁ・・・。

しかし、プラナリアの姿が見えない水槽って気持ちいいですね。
いつまでも こんな光景であって欲しいです。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-30 20:57 | エビ&貝

レッドチェリーシュリンプ水槽 新たに立ち上げ


f0152308_20443779.jpg

旧・レッドチェリーシュリンプ水槽に湧いたプラナリアです。
水槽一面がこんな状態でエビ飼育と云うより
プラナリアを飼育しているみたいだったので
新たにレッドチェリー水槽を立ち上げました。

f0152308_20451853.jpg

新・レッドチェリーシュリンプ水槽です。
ワシャワシャになるまで増える事を期待して
これまでの51cm水槽→60cm水槽へサイズアップしました。
どこかのホームページ or ブログで拝見したのですが、
エビ飼育の場合、水1Lに対しエビ5匹位までなら
飼育可能だそうです。
つまり60cm水槽では水量60Lなので
300匹まで飼育可能と云うことになります。

水槽内の水草は全て 先日 うっちゃん から頂いたものを
活用させて頂きました。

f0152308_20454197.jpg

水槽内左半分の様子です。
オーストラリアン・クローバーは教えて頂いたURLを参考に
植えてみました。
水槽前面に草原が出来る日が楽しみです。
流木の後面にはブラックナヤスも植えています。

f0152308_2046252.jpg

水槽内右半分の様子です。
ロタラsp・ヴェルデエキラリス と ノタヌキモ は水槽後面に植えました。

レッドチェリーの足場となり水流にのって揺られているノタヌキモですが
食虫植物とのことで被害に遭わないか心配しています。

ファインリーフ・ラオススプライトもノタヌキモの横に並べて
植えてみました。

f0152308_2047218.jpg
f0152308_20471593.jpg

レッドチェリーシュリンプです。
夏場の飼育に失敗したみたいで、
今夏以降 減り続けており少々心配しています。

ゴールデンシュリンプの夏場の繁殖状況を見る限り、
夏場対策として屋外発泡水槽へ避難させたまでは
良かったのですが・・・
激減した原因を考えたところ、
水温の上昇とともに溶存酸素が少なくなる夏場に
濾過器もエアーポンプも使わず発泡水槽(容量15L程度)に
300匹前後のレッドチェリーを投入したのが無茶だったかと・・・
つまり、過密飼育による酸素不足と水質悪化が原因かと思われます。
(↑あくまでも私見なので間違ってたらごめんなさい。)

その後、屋外発泡水槽で夏を無事に乗り越えたレッドチェリーを
室内水槽に戻した直後には抱卵個体が多く存在していたのですが
2ヶ月経過した今も全く増えた様子がありません。
しかも、ここ1ヶ月は抱卵個体すら見かけておらず、
このような状況となった原因も???で手の打ちようがありません。
今ではレッドチェリーも100~150匹と半減し、
暫くは繁殖は望めそうにありません。
今回、新水槽を立ち上げたことで
以前のように復活してくれれば良いのですが・・・。

f0152308_20475834.jpg

ヒメボタンウキグサの根に掴まり
水面付近を漂っているレッドチェリーです。
4種類のウキグサを投入しているのですが
ウキグサの根が良い足場となっているのか
どの根にもレッドチェリーの姿が見えます。
時折、フィランタス・フルイタンスの小葉にしがみつき
浮いたり沈んだり・・・
なんとも微笑ましい光景を見せてくれています。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-28 21:41 | エビ&貝

のんびり日曜日


今日は朝から出かける予定でしたが雨のため中止に!
だったらメダカのお世話を・・・と思ったのですが、
中止とはいえ一度お出かけモードに入ってしまうと
テンションが上がらず のんびりした日曜日となりました。

午後になり 外が騒がしく・・・何かと思えば

f0152308_14502561.jpg

消防避難訓練の日だったのです。

f0152308_14503870.jpg

こちらは訓練前の準備中。
今日は高さ45mまで上昇させるとか・・・
たぶん最上階からの救助訓練でもするのでしょう・・・って
毎年の事なので役員の時以外は不参加を決め込んでいます。

f0152308_14511277.jpg

唯一の室内水槽(無加温)で飼育中の
今年生まれのオレンジテイルメダカです。
撮影時の水温22.9℃
よく見ると産卵しています。

f0152308_14513599.jpg

いつもの撮影環境で撮ってみました。
産卵しているのが分かるでしょうか?
今年は100匹以上の稚魚が誕生しているので
採卵することなく見て見ぬふりです。

f0152308_14525086.jpg

第2水槽(孵化水槽)のゴールデンシュリンプです。
こちらの水槽(36cm)には100匹以上の稚エビが生存しています。

f0152308_1453516.jpg

孵化水槽を立ち上げて5週間余りが経過、
成長の早い個体は1cm強にまで育っています。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-26 17:28 | メダカ

光源と背景色の違いによる体色比較(2)~楊貴妃系~


前回に続き、
今回は室内照明下で無背景と黒背景の場合の
体色比較を見てみました。
モデルは前回と同じ楊貴妃と東天光(片目スモールアイ)です。

(室内照明下で無背景)
f0152308_18381751.jpg


(室内照明下で黒背景)
f0152308_18383735.jpg

楊貴妃です。


(室内照明下で無背景)
f0152308_18385725.jpg


(室内照明下で黒背景)
f0152308_18391620.jpg

東天光です。

上の楊貴妃と東天光の写真を比較してどうでしょう。
室内照明下では無背景も黒背景も
ほとんど体色に変化が見られませんでした。
しいてあげれば黒背景の方がやや体色が薄く見えるでしょうか。

そういえば3/11のブログで東天光とオレンジテイルヒカリを
モデルに全く同様の事をやっていました。
その時も黒背景の方が体色が薄く撮れているんですよね。
宜しければ合わせてご覧下さい。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-24 19:20 | メダカ

光源と背景色の違いによる体色比較(1)~楊貴妃系~


某販売店さんの通販用メダカ写真を拝見していて
黒背景での朱赤メダカが美しく見えたので
真似をして撮影してみることにしました。
ついでに いつもの撮影方法(無背景)で撮った画像と
体色比較をしてみました。

条件は (1)太陽光の下で (A)無背景と (B)黒背景で
撮影してみました。

モデルは今年誕生した楊貴妃系の中でも もっとも赤みの強い
楊貴妃と東天光(片目スモールアイ)を選択しました。
ちなみに写真は日曜日に撮影したものです。

(太陽光の下で無背景)
f0152308_2073871.jpg

(太陽光の下で黒背景)
f0152308_208282.jpg

楊貴妃です。


(太陽光の下で無背景)
f0152308_2083727.jpg

(太陽光の下で黒背景)
f0152308_209081.jpg

東天光(片目スモールアイ)です。

楊貴妃、東天光ともに黒背景の方が発色良く見えるのですが
いかがでしょうか?
今回、背景色は薄黒になっていますが、背景色を真っ黒にすれば
もっと発色良く朱赤に撮れるのではないかと思います。

しかし、背景色を変えるだけで
薄赤の楊貴妃が朱赤の楊貴妃に変化するとは・・・。
それにカメラの色特性やPCモニターの色特性があることを考えると
通販のメダカ写真の体色をどこまで信用していいものか・・・。
以上の点を考慮すると、メダカ購入に際しては
販売店さんで直に見て購入するのが一番だと実感しました。

ついでなので 次回は室内照明下でも同様の体色比較をしてみようと
思います。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-22 21:33 | メダカ

水草 貰っちゃった~


また、また、ご厚意に甘えさえて頂きました。

今回は 悠遊メダカ愛好会で知り合った うっちゃん から
水草を頂きました。
本当にありがとうございました。
感謝・感謝です。

以下が今回 頂いた水草です。
勉強不足のため解説はできませんので写真だけUPします。
f0152308_20162433.jpg

ドワーフ・アマゾンフロッグビット

f0152308_2016462.jpg

サルビニア・ククラータ

f0152308_2017545.jpg

ヒメボタンウキクサ

f0152308_20174251.jpg

フィランタス・フルイタンス

f0152308_2018040.jpg

ノタヌキモ

f0152308_20182771.jpg

ファインリーフ・ラオススプライト

f0152308_20184374.jpg

ブラックナヤス

f0152308_201855100.jpg

オーストラリアン・クローバー

f0152308_2019134.jpg

ロタラsp・ヴェルデキラリス

以上、実に9種類もの水草を送って頂きました。
しかも うっちゃん手書きの解説書付き!
昨日は、↑の解説書とネット画像を見比べながら写真撮影。
水草の画像と名前・・・たぶん合っていると思います。

早々にエビ水槽に投入しようかと思ったのですが、
現在 水槽内をプラナリアの大群が不法侵入・不法占拠中のため、
リセットしてから投入することにしました。
とりあえずプラケに入れて室内の陽当たりの良い場所で
日光浴中です。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-20 21:19 | ビオトープ

スノーホワイトヒカリ(メタル系)メダカ


9/22の記事でスノーホワイトヒカリ系メダカの繁殖に失敗したことを
記事にしたところ、
ブログ仲間 & 愛好会仲間の mおっちゃんより「上げるよ」との声が・・・
勿論、お言葉に甘えて譲って頂きました。
本当に毎度、毎度、お世話になりっぱなしで感謝・感謝です。

f0152308_1634957.jpg
f0152308_1634223.jpg

今回、送って頂いたスノーホワイトヒカリ(メタル系)メダカです。

f0152308_16345067.jpg

スノーホワイトヒカリメダカです。

メタル系統とのことでヒカリ具合を比較してみたかったのですが
上記のような事情なので・・・残念です。

f0152308_16351010.jpg

スノーホワイトヒカリ半ダルマメダカです。

鰭の具合も良く美しい体形をしています。

これで我が家のスノーホワイト系メダカは、
普通種、ヒカリ、半ダルマ、ヒカリ半ダルマが揃ったことになります。

来年こそ スノーホワイトヒカリの繁殖と
スノーホワイトヒカリダルマの作出を目指します。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-18 17:10 | メダカ

悠遊メダカ愛好会で里親に当選!


先日、悠遊メダカ愛好会の掲示板で会員さん(mおっちゃん)が
提供して下さったメダカの里親募集に応募して運良く当選!

しかも 透明鱗ピュアホワイトヒカリメダカとクリアブラウンヒカリメダカの
2品種に応募し 2品種とも当選したのです。
約束事により1点を選択・・・悩んだあげく こちらを選択しました。

f0152308_19131444.jpg
f0152308_19132893.jpg

里子に頂いた透明鱗ピュアホワイトヒカリメダカです。

今回、初応募で初当選した訳ですが
いつも提供して下さる会員の方々には感謝するばかりです。
mおっちゃん、ありがとうございました。
私もいつか里親募集できるよう増やしたいと思います。

f0152308_191356100.jpg

透明鱗ピュアホワイトヒカリメダカです。

白く透き通った躰に赤い頬・・・何度見ても可愛くてイイです。

f0152308_19142356.jpg

透明鱗ピュアホワイトヒカリ半ダルマメダカです・・・と記載してよいのか
微妙ですが ややショート(ただのメタボ?)な個体も2匹いました。

実は以前から純白系の透明鱗メダカを作出したく
昨年 スノーホワイトメダカ♂ × 透明鱗メダカ♀ を交配させ
F1を採っていたのですが、今年 F2を採る以前に
ほとんどの個体を★にしてしまい 残っているのは♂2匹のみに・・・
透明鱗スノーホワイトメダカの作出を諦めてたんです。
そんな訳で今回の当選は本当にラッキーでした。

今回、譲って頂いた透明鱗ピュアホワイトヒカリメダカは
スモールアイの遺伝子も持っているとのことで
来シーズンの繁殖はいやがうえにも熱が入ります。
が、その前に無事に越冬させなければですね・・・。
これが難しいんです。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-16 19:40 | メダカ

オレンジテイルメダカから黄金メダカ?が誕生


いつのまにか帰宅時は真っ暗となり
屋外のメダカ水槽を眺める時間は朝の出勤前のみとなりました。

f0152308_1912448.jpg
f0152308_1913564.jpg

オレンジテイル系メダカから誕生した稚魚です。
体色で選別したところ黄金っぽい個体が多かったので
集めてみました。
ちなみに昨年も黄金っぽい子が誕生していますが
販売元のめだか本舗さんの解説によると固定率は95%とか・・・
ウ~ン、そこまで高くはないのですが・・・。
体色だけで云えば我が家のオレンジテイルの固定率は80%位で
残り20%位が黄金っぽい個体となっています。

f0152308_1933913.jpg

普通種です。

f0152308_1935645.jpg

ヒカリメダカです。

まだ体色が薄いので微妙ですが
黄金と云うか 薄黄金と云うか
いずれの写真も太陽光の照射具合の影響で
肉眼で見るよりかなり薄く見えます。

黄金メダカについては 某ホ-ムページで
白い容器に入れると体色がはっきりするとのことで
改めて白い容器に入れて撮影してみました。

f0152308_1944712.jpg

黄金メダカで間違いないと思うのですがいかがでしょう。
来春までに より綺麗な黄金色に発色することを期待してみます。

現在、改良メダカは次から次へと新種メダカが登場しています。
いろんな交配を繰り返されてきた結果でしょうか。
親メダカからは想像もつかないようなメダカが産まれてきても
何ら不思議なことではないのかもしれません。
新種メダカ作出や既存のメダカの改良を目指すことが
歴史の浅い改良メダカ飼育の醍醐味なのかもしれませんね。
これからも楽しみます。
そして皆さんも楽しみましょう。


本日、悠遊メダカ愛好会の会員さんより○○が届きました。
次回のブログで詳細を報告しま~す。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-14 20:04 | メダカ

睡蓮鉢(琥珀メダカ2007)水槽 リセット


我が家の水生植物から花が消えつつあります。
昨年はこの時期でも睡蓮はじめ多くの花が咲いていたのですが・・・
やはり今年は昨年と比べて気温が低いのかもしれませんね。

f0152308_18514.jpg

そんな中、10月だと云うのに未だに咲いているアナカリスです。

今日は半年以上 水換えをしていないビオトープ水槽(睡蓮鉢)の
琥珀メダカの状態を確認するついでに水槽のリセットを行いました。

f0152308_1852620.jpg

2007年産まれの琥珀メダカです。

今春 選別した際には琥珀メダカ本来の体色が出ていなかったため
ビオトープ水槽(二軍)暮らしとなったのですが
先日、水槽の上からボンヤリ眺めていると
発色が良くなっているような気がしたので確認してみました。

結果は春先とほとんど変わらず、
中には体色が濃く綺麗な個体も数匹いますが
琥珀と呼べるか疑問です。

水槽内では今年 稚魚が産まれ、親の食害にも遭わず
生きながらえた個体もいるようで 小さな個体も数匹見えますが、
この半年余りの間に相当数が減っていました。

f0152308_1854421.jpg

色乗りの良い個体を選んで撮影してみました。
琥珀? 黄金? 微妙なところですが、
各鰭の発色が良く美しいメダカです。

ところでメダカの胸鰭って結構 大きかったんですね。
写真を見て気づきました。

f0152308_186286.jpg

レッドラムズホーンです。
思っていたほど爆殖していませんでした。

f0152308_1861778.jpg

今年はビオトープ水槽に限らず
あっちこっちの水槽で見かけましたヤゴです。
リセット後に再び水槽の中へ戻しましたが越冬するのでしょうか?

f0152308_18716.jpg

リセット後の水槽です。
メダカ、レッドラムズ、ヤゴ、全てを戻しました。

f0152308_18102294.jpg

汲み置き水がなかったので水道水を投入した直後に
うっかりメダカも投入してしまったのですが元気な様子で安心しました。

以前から思っていることがあるのですが、
赤玉土って水道水を中和させる作用があるような気がします。
もっとも私の主観なので真似されても責任はもてませんが・・・。
[PR]
by fussy_medaka | 2008-10-12 19:33 | メダカ


メダカ&淡水エビの紹介と飼育&繁殖状況を綴ったブログです。


by fussy_medaka

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りのブログ

ちっこくて可愛いメダカと共に♪ (静岡さん)

めだかと一緒~遊遊らいふ (mおばちゃん)

4649爺のちゃらんぽらん (mおっちゃん)

井の中のメダカ ~激烈爛漫編 (なかのりさん)

富士山麓ひよ亭農園 ダルビッシュ (ひよ亭さん)

Nature Aquariumをめざして (nagi dadさん)

メダカの一本釣 (ゴエさん)

~風の吹くまま、気の向くまま~ (富士河さん)

しろめだかの飼育 (ごさそうさん)

蘭丸のメダカ放浪記 (らんまるさん)

メダカ王国 (BONさん)

メダカ×シングル (大さん)

水景画の世界・・・Mitsuda worldへようこそ (get-wenさん)

プラ舟のめだか (メダリストさん)

水草とメダカの水槽備忘録 (Rikiちゃん)

Douraku!(junさん)

メダカ繁殖日記 ふろーむ佐世保(ゆうさん)

ことぶき印製作所 (ことぶきさん)

螺鈿細工のメダカに魅せられて・・・ (ピグ田中さん)

Happy MEDAKA ver.2 (2人娘のパパさん)

月光蝶 (ニルヴァーシュさん)

白い雲と青い空 (まきさん)

medaka@aqua (medaka@aquaさん)

にゃおのかわいいめだか達 (にゃおさん)

メダカ、、和歌桜 (和歌桜さん)

masaのメダカ~Healing Medaka~ (masaさん)

めだかもん (やまさん)

クリックで救える命がある。

めだかやドットコム

めだかやドットコム 掲示板

めだかやドットコム・PHOTO掲示板

メダカショップ・せせらぎ

小山めだか 螺鈿光 メダカ販売店

ライフログ


メダカの飼い方と増やし方がわかる本

最新の記事

近況報告
at 2012-01-05 22:17
楊貴妃パンダメダカの繁殖結果
at 2011-12-19 21:09
紅桜(更紗)メダカのF2
at 2011-12-17 21:17
レッドファイヤーシュリンプの現状
at 2011-12-15 21:18
たった2匹に ~緋オレンジメ..
at 2011-12-13 20:02

以前の記事

2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月

検索

カテゴリ

全体
メダカ
エビ&貝
ビオトープ
パソコン&周辺機器
AV機器

贈り物
阪神タイガース
その他

お気に入りブログ

水景画の世界・・・Mit...
井の中のメダカ ~熱烈純情編
            ...
メダカの一本釣
井の中のメダカ ~激烈爛漫編
めだか王国
メダカ×シングル
プラ舟のめだか
【ピグえび】

ブログパーツ

最新のトラックバック

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧